ハチミツ牛乳の便秘への効果とは?飲み方?

ハチミツに牛乳をプラスして温かくして飲むことで、便秘改善に効果があるといわれています。それは、便秘だけではなく下腹がぽっこりするほどの深刻なガス溜まりについても同じ効果があります。

 
ハチミツは昔から民間療法でも重宝されてきた万能薬で、便秘改善のほか疲労回復、風邪予防、二日酔いなどさまざまな働きのある食品です。
ハチミツの便秘への効果は、含まれているトリプトファンで脳内物質のセロトニンを生産し、副交感神経を活発にすることで便秘で動きの弱った腸の運動を活性化する働きがあります。

 

また、はちみつの保水力で固く固まった便をやわらかくして外に出しやすくします。牛乳にはオリゴ糖やラクトースが多く含まれるので、さらにハチミツといっしょに摂ることで便秘改善には効果的になってきます。とくに、胃や腸が空っぽになっている朝などに飲むことで、効果が高くなってきます。
また、さらなるハチミツ牛乳の効果を高くしたいのであれば、それにオリーブオイルを加えてみましょう。オリーブオイルの主成分のオイレン酸が胃や小腸で吸収されずに、大腸に届きます。そして、腸の働きが活発になるように刺激を与えてくれます。すると腸の働きも潤滑になり便がスムーズに流れるようになってきます。
オリーブオイルの摂り方は大さじ1杯程度、それが毎日の快便につながってきます。温めた牛乳とハチミツ、オリーブオイルの組み合わせで便秘改善が期待できます。”

 

えん麦のちから 口コミ